Follow

光という人が扱える中で最速の媒体でネットワークが構築されている以上サーバまでの到達時間を決めるのは純粋な距離と、途中で通過するデジタル装置(光電気変換も含む)の処理時間である。

ではおなじ経路を通過した場合IPv4とIPv6どっちが速いと言う話になるわけですが、ちょっとだけv6のが期待値が高いのです。

その理由がIPv4最大の問題であるIPアドレス枯渇の対策としても活躍しているプライベートIPとグローバルIPの間で行われるNATと言われるIP変換技術である。
サーバに直にグローバルIPを振るなんてことをしない限り最低でも二回はNATをしており、NATを行っている製品は通信のセッションが続いている間ずっとそのNATしている情報を保持し続ける必要がある。
これはただ右から左に流せば良いだけのルーティングと比べても明らかに負荷が高く、負荷が高いと言うことはそれだけ処理に時間がかかると会うことである。
その時間は1msほどかもしらないが積もり積もると徐々に遅くなる要因である。
それに対してプライベートという考え方のないIPv6はNAT要らないのでそれだけですでに処理時間というアドバンテージがあるのだ。

みんなIPv6使おう。

@akyoz 俳句を発見しました!
『媒体で ネットワークが 構築さ』

Sign in to participate in the conversation
+Plustodon

Google"Plus to" Mas"todon"